コンクエスタドールカジノボーナスコード

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

--> Menu 大学案内 大学概要 赤十字について 歴史と沿革 キャンパスガイド 大学の取組み 情報の公表 国際交流 各種窓口 学部・大学院 看護学部 さいたま看護学部 大学院看護学研究科 教員一覧 入試情報 看護学部・さいたま看護学部 大学院 よくある質問 学生生活 学生支援 学費・奨学金 キャンパスライフ 学生生活における注意事項 在学生・卒業生からのメッセージ 研究・社会連携 研究 社会貢献・社会連携 公開講座 生涯学習 図書館 災害救護研究所 対象者別 受験生の方へ 保護者の方へ 在学生の方へ 一般の方へ 卒業生の方へ ご寄付をお考えの方へ Close 開閉 ABOUT 大学案内 大学案内 開閉 大学概要 学長メッセージ 教育理念 5つの魅力 開閉 赤十字について 開閉 歴史と沿革 開閉 キャンパスガイド 開閉 大学の取組み 高大連携プログラム 教育改善活動(FD・SD) 開閉 情報の公表 大学評価報告書 大学の運営・教育方針 年報 財務公開 大学基本情報 授業評価結果 学則・学位規程 入札情報 国際交流 開閉 各種窓口 資料請求 証明書手続き 教職員募集 施設の利用方法 開閉 EDUCATION 学部・大学院 学部・大学院 開閉 看護学部 カリキュラムの特色 シラバス 看護学実習 アクティブラーニング 就職・進学状況 取得可能な資格・免許 留学・海外研修 成績評価・GPA よくある質問 開閉 さいたま看護学部 カリキュラムの特色 シラバス 看護学実習 アクティブラーニング 就職・進学状況 取得可能な資格・免許 留学・海外研修 成績評価・GPA よくある質問 大学院看護学研究科 教員一覧 開閉 ADMISSIONS 入試情報 入試情報 看護学部・さいたま看護学部 大学院 よくある質問 開閉 SCHOOL LIFE 学生生活 学生生活 開閉 学生支援 学生支援の基本方針 学費・奨学金 キャンパスライフ 学生生活における注意事項 在学生・卒業生からのメッセージ 開閉 RESEARCH & COLLABORATION 研究・社会連携 研究・社会連携 研究 社会貢献・社会連携 公開講座 生涯学習 図書館 災害救護研究所 受験生の方へ 保護者の方へ 在学生の方へ 一般の方へ 卒業生の方へ ご寄付をお考えの方へ よくある質問 教職員募集 お問い合わせ 図書館 アクセス 学内専用 ポータルサイト Glexa (learning management system) ENGLISH 資料請求 進学イベント 大学院30周年特設サイト OFFICIAL SNS ACCOUNT カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針) Home学部・大学院大学院看護学研究科カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針) 教育課程編成・実施の方針 本大学院では、次のような構造および科目設定によりカリキュラムを編成・実施しています。 修士課程 看護学専攻 看護学専攻の教育目標に到達するため、以下の方針に基づき教育課程を編成・実施している。 幅広い視点から現象を捉える力を育成するために、専門分野を超えた学修が必要な内容を共通科目として置く。 研究能力を育成するために、特別研究を各領域に置く。 人々の尊厳と権利を擁護する能力を育成するために、赤十字の理念である人道に関する科目を置く。 研究・教育者育成のため、以下の方針に基づき教育課程を編成・実施している。 10の専門領域(基礎看護学、がん看護学、小児看護学、成人看護学、老年看護学、精神保健看護学、地域看護学、看護教育学、看護管理学、国際・災学看護学)に必要な科目(特講・演習・実習)を置く。 専門看護師育成のため、以下の方針に基づき教育課程を編成・実施している。 専門看護師8コース(がん看護、小児看護、クリティカルケア、慢性看護、老年看護、精神看護、在宅看護、災害看護)の教育課程に必要な科目を置く。 専門看護師としての高度実践力を養うために、共通科目A、共通科目Bを置く。 看護教育または看護管理の実践者育成のため、以下の方針に基づき教育課程を編成・実施している。 2の専門領域(看護教育学、看護管理学)に必要な科目(特講・演習・実習)を置く。 認定看護管理者認定審査受験、及び看護師等養成所の専任教員または教務主任の養成講習会修了資格取得に必要となる科目を置く。 修士課程 国際保健助産学専攻 国際保健助産学専攻の教育目標に到達するため、以下の方針に基づき教育課程を編成・実施している。 幅広い視点から現象を捉える力を育成するための3つの専門分野(ウィメンズ・ヘルス・プロモーション分野、国際保健助産分野、助産学分野)科目を置く。 専門分野を超えた内容を学修するために必要な共通科目を置く。 研究能力を育成するための科目を置く。 人々の尊厳と権利を擁護する能力を育成するために、赤十字の理念である人道に関する科目を置く。 研究・教育者育成のため、以下の方針に基づき教育課程を編成・実施している。 ウィメンズ・ヘルス・プロモーション分野に関する能力および研究能力を育成するための科目を置く。 国際保健助産学分野に関する能力および研究能力を育成するための科目を置く。 助産師国家試験受験資格要件及び高度実践助産師育成のため、以下の方針に基づき教育課程を編成・実施している。 助産師国家試験受験資格に必要な助産学分野科目を置く。 受胎調節実地指導員資格取得のための科目を置く。 ウィメンズ・ヘルス・プロモーション分野に関する能力を育成するための科目を置く。 国際保健助産学分野に関する能力および研究能力を育成するための科目を置く。 博士後期課程 看護学専攻 博士後期課程の教育目標に到達するため、以下の方針に基づき教育課程を編成・実施している。 分野として、基礎看護学、応用看護学(母性看護学、小児看護学、成人看護学、老年看護学、精神保健看護学、地域看護学、国際・災害看護学)、看護教育・管理学を置く。 専門領域毎に必要な特論、特別研究を置く。 高度な研究能力育成のため、看護科学特論、看護研究特論、研究計画書セミナーを共通科目に置く。 博士課程 共同災害看護学専攻 博士課程共同災害看護学専攻は、災害看護のグローバルリーダーを養成するために、教育目的・目標に基づき、以下のような方針で教育課程を編成・実施している。 カリキュラムは、災害看護学の基盤となる「災害看護学の基盤を支える科目群」、災害看護学に関する専門的な知識・技術・技能を修得するための「災害看護学の専門科目群」、学生が自分の関心や課題に沿って自律的に学びを深める「インデペンデント学修科目群」および「災害看護学研究支援科目群」の4つの科目群によって構成する。 学際的および国際的視野を養い、災害看護の研究者かつ高度な実践者としての能力が修得できるように、講義に加え、演習、実習など、多様な教育方法を組み合わせて授業科目を開設する。 構成大学院(「高知県立大学大学院看護学研究科」「兵庫県立大学大学院看護学研究科」「千葉大学大学院看護学研究科」「東京医科歯科大学大学院保健衛生学研究科」「日本赤十字看護大学大学院看護学研究科」)は、学生が各構成大学院から10単位以上の履修ができるように必要な科目を開講する。 学修の過程で、その成果を確認するためにPreliminary Examination と Qualify Examinationを実施する。 構成大学院の専任教員による研究指導体制の下で、災害看護学に関連する理論、高度な実践や研究についての知識を統合し、災害看護学の「博士論文」を作成できるように科目を編成する。 OFFICIAL SNS ACCOUNT 広尾キャンパス 〒150-0012東京都渋谷区広尾4-1-3 TEL 03-3409-0875(代表) アクセスマップ 大宮キャンパス 〒338-0001埼玉県さいたま市中央区上落合8-7-19 TEL 048-799-2747 アクセスマップ HELPFUL LINKS 教職員募集 図書館 よくある質問(看護学部) よくある質問(さいたま看護学部) よくある質問(大学院) よくある質問(入試) お問い合わせ 日本赤十字社 日本赤十字学園 ページトップへ戻る サイトポリシー 情報公開 個人情報保護方針 サイトマップ ©2021 Japanese Red Cross College of Nursing. 資料請求 資料請求 進学イベント 進学イベント 大学院30周年特設サイト 大学院30周年特設サイト

パチスロオンカジ パチンコゆうゆうてい マルチベット ポーカー役確率
Copyright ©コンクエスタドールカジノボーナスコード The Paper All rights reserved.