ライブカジノゲーム | ベラジョン

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

パナソニック ホールディングス株式会社 パナソニック ホールディングス株式会社 グループ企業情報 グループCEOメッセージ 経営基本方針 1.企業の使命 2.パナソニックグループの使命と今なすべきこと 3.綱領 4.信条・七精神 5.パナソニックグループの「経営基本方針」 6.経営基本方針の実践 7.お客様大事 8.自主責任経営 9.衆知を集めた全員経営 10.人をつくり人を活かす Panasonic Leadership Principles コンプライアンス行動基準 「パナソニックグループ コンプライアンス行動基準」について 第1章 私たちの基本的責任 第2章 私たちの職場 第3章 私たちの経営資源 第4章 私たちの取引活動 第5章 私たちの社会的責任 調達活動 購入先様へのお願い グリーン調達について クリーン調達宣言 パートナー戦略 DXの取り組み 知的財産 「無形資産を巡らす」取組み ブランド保護の取組み 人材・組織体制 会社情報 グループ体制・関係会社 製品・ソリューション 個人向け商品 法人向け製品・ソリューション パナソニックがお届けするもの 体験施設・展示会 スポンサー活動・スポーツ 歴史 社史 松下幸之助の生涯 松下幸之助物語 松下幸之助一日一話 パナソニックミュージアム ニュース 投資家情報 決算報告 説明会 IR関連リリース IR資料室 一目でわかるパナソニックグループ 統合報告書 有価証券報告書 コーポレートガバナンス 中間・期末報告 IRカレンダー 株主総会 株式・債券情報 格付・社債情報 配当金 株式事務のご案内 電子公告 FAQ・お問い合わせ ブランド ブランドに対する5つの考え方 Panasonicの由来 ブランドの歴史 テクノロジー 研究開発の方向性 研究開発活動 イノベーターの仕事 研究開発体制 技術が牽引してきた商品の歴史 技術表彰 2024年 2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 主要学会発表歴 2023年 2022年 2021年 2020年 2019年 2018年 パナソニック技報 パナソニック技報 最新号 バックナンバー パナソニック技報とは Technology Forum デザイン デザイン経営実践プロジェクト Panasonic Design サステナビリティ サステナビリティの考え方 サステナビリティ経営の推進 SDGsへの取り組み 社外からの評価 これまでの歩み 企業市民活動 SDGsへの取り組み Diversity, Equity & Inclusion 「DEI(Diversity, Equity & Inclusion)」とは? パナソニックグループのDEIポリシー DEIと社員のウェルビーイング トップコミットメント インクルーシブな職場環境づくり 一人ひとりへのサポート:多様な働き⽅とワーク‧ライフ‧バランス 障がいのある⼈ ⾼年齢者雇⽤ LGBTQ ジェンダーの公平性 グローバル各地域の取り組み データで見るパナソニックグループのDEI パナソニックグループ 各部門からの発信 エンプロイー・ジャーニー 多様性推進の歴史 受賞実績 環境への取り組み 方針 中長期環境ビジョン 環境ガバナンス TCFDへの対応 環境配慮商品・工場 地球温暖化への適応 工場のCO2削減 グリーンロジスティクス 資源 生物多様性保全 水資源保全 化学物質管理 世界各地域での環境経営 サプライチェーン連携 人材育成 環境コミュニケーション 社会への取り組み ガバナンスの取り組み サステナビリティ データブック バックナンバー ガイドライン対照表 採用情報 製品・ソリューション グループ企業情報 ニュース 投資家情報 ブランド テクノロジー デザイン サステナビリティ 採用情報 製品・ソリューション サステナビリティ サステナビリティの考え方 企業市民活動 SDGsへの取り組み Diversity, Equity & Inclusion 環境への取り組み 社会への取り組み ガバナンスの取り組み サステナビリティ データブック 「DEI(Diversity, Equity & Inclusion)」とは? パナソニックグループのDEIポリシー DEIと社員のウェルビーイング トップコミットメント インクルーシブな職場環境づくり 一人ひとりへのサポート:多様な働き⽅とワーク‧ライフ‧バランス 障がいのある⼈ ⾼年齢者雇⽤ LGBTQ ジェンダーの公平性 グローバル各地域の取り組み データで見るパナソニックグループのDEI パナソニックグループ 各部門からの発信 エンプロイー・ジャーニー 多様性推進の歴史 受賞実績 「グループDEIフォーラム 2021」開催レポート パナソニックグループでは多様性推進の機会の一つとして、これまでも毎年、社内イベント「D&Iフォーラム」を開催してきました。2021年度からは、Panasonic Group DEI Policyの制定と合わせ、「グループDEIフォーラム」として展開をしています。 2021年は「話そう。気づこう。越えよう。」をスローガンに、一人ひとりがDEIについての理解と共感を高め、行動につなげる機会とすることを目的として、パナソニックセンター東京をメイン会場とし10月の2日間にわたりオンラインで開催。約6,700人の社員がLIVE視聴を通じて参加しました。開催後はアーカイブ映像をグローバルのグループ各地域に配信しました。 ※所属や肩書などの情報は、イベント開催当時のものです。 メインセッション・パネルトーク サブセッション 社員の声 メインセッション・パネルトーク 役員によるスピーチやDEIポリシー映像の上映、パネルトーク等を通じて、一人ひとりの理解と共感を高める機会となりました。 トップコミットメントの発信 グループCEOの楠見、DEI推進担当役員の三島が登壇。楠見は、職場の方針など様々な決定内容について「『なんか違うな』『もっとこんな視点があるのでは?』と思ったことはないですか?」と問いかけ。「アイデアや意見など、『一人ひとりが言うべきことを言い合える』環境を大前提とする会社でなければ、多様な社会でお役立ちを果たすことはできない。これを実現する活動がDEIだ」とのメッセージを発信しました。 女性シニアリーダーとトップとのパネルトーク 女性のシニアリーダーが自らの経験をベースに、他の先進企業と比べてまだまだ遅れているDEIの土壌について指摘。それを受けたトップからは、改めて変革の必要性についての認識と決意が語られました。また、DEIのさらなる推進にどういうアプローチで取り組んでいくかについて、参加者各自が表明しました。 サブセッション 多様な個性をもつ社員が、それぞれの立場でトークセッションを展開しました。 サブセッション①「Equityを知ろう」 「Equity」とは何か?立場の違う人たちの環境を理解することを目的に、様々な立場の人の経験談を共有しながらEquityについての理解を深め、実現する意味を議論しました。 サブセッション②「インクルーシブな職場づくり」 組織能力を高める取り組みで先行してきた事業部門のメンバーが登壇。対話を通じて組織の見えない課題を発見し、ありたい姿を共有、現状とのギャップを埋めていくアクションに落とすにあたっての試行錯誤や大切にした点などを紹介しました。 サブセッション③「声をあげて動こう」 自分らしい性のあり方を見つけるサポートを提供するプロジェクトを立ち上げた社員や、自身の課題解決のために聴覚障がい者をサポートするアプリの全社導入に漕ぎつけた社員の活動を共有。まず声をあげること、その声を理解することの大切さについて語り合いました。 サブセッション④「グローバルY/Z世代の挑戦」 日本、北米、欧州、中南米の各地から若手社員が参加。DEIの側⾯から⾒た各地域での社会背景や個人のバックグラウンドについて共有した上で、今後の企業活動においてDEIをますます重視すべき理由、現状に対する課題感などについて意見交換しました。 社員の声 フォーラム事前・事後に実施したアンケートの結果、DEIへの理解度や行動意欲は大幅に高まりました。一方、「DEIの取り組みがなぜ必要か」という腹落ち感や、自分ごと化、モチベーションアップ等には課題があることも分かりました。今回社員から寄せられた声に耳を傾け、今後の活動内容をさらにアップデートしていく予定です。 Q. DEIについて理解していますか? 事前アンケートでは「理解している」と答えた人が回答者の約25%だったのに対し、事後アンケートでは回答者の87%が「理解できた」「すでに理解している」と答えました。 Q. DEIの浸透に向けて、何か行動されていますか? 事前アンケートでは「行動している」と答えた人が約24%、「行動する予定がある」と答えた人が約27%だったのに対し、事後アンケートで「すでに行動している」と答えた人は約31%、「行動する予定」と答えた人は約54%に大幅にアップしました。 Q. DEIの浸透のための活動にどのくらいモチベーションを持っていますか? DEI浸透のために自らアクションするモチベーションが「非常に高い」もしくは「高い」と答えた人は、約10%の増加に留まりました。DEIのさらなる推進に向けては、社員一人ひとりのモチベーション向上にさらに注力する必要がありそうです。 社員の声 自分のDEIの認識とは全く異なるレベルで社内の取り組みが進んでおり、その取り組みを通じて自己実現や社会貢献につなげている社員がいることに感銘を受けた。自分はどう取り組むかについて考える機会となった。 全社のトップオブトップコミットメントが出されたことが嬉しかった。トップとしての強いリーダーシップを感じ、自らも行動していきたいと感じた。 DEIの大切さは理解しているものの、いざ実践となると、なかなか難しい。ダブルスタンダードにならないようにするためには、トップの継続した発信や、目に見える結果が必要だと思う。 今回のアンケートから得た様々な社員の声を活かしながら、今後も継続して「グループDEIフォーラム」をはじめ、様々な取り組みを展開していきます。 関連情報: 「グループDEIフォーラム 2023」開催レポート - Diversity, Equity & Inclusion 「グループDEIフォーラム 2022」開催レポート - Diversity, Equity & Inclusion 「インクルーシブな職場環境づくり」に戻る Diversity, Equity & Inclusion 「DEI(Diversity, Equity & Inclusion)」とは? パナソニックグループのDEIポリシー DEIと社員のウェルビーイング トップコミットメント インクルーシブな職場環境づくり 一人ひとりへのサポート: 多様な働き方とワーク・ライフ・バランス 一人ひとりへのサポート:障がいのある⼈ 一人ひとりへのサポート:高年齢者雇用 一人ひとりへのサポート:LGBTQ 一人ひとりへのサポート:ジェンダーの公平性 グローバル各地域の取り組み データで見るパナソニックグループのDEI パナソニックグループ各部門からの発信 エンプロイー・ジャーニー 多様性推進の歴史 受賞実績 トップ サステナビリティ Diversity, Equity & Inclusion インクルーシブな職場環境づくり 「グループDEIフォーラム 2021」開催レポート Facebook YouTube  X  LinkedIn サポート サイトマップ サイトのご利用にあたって SNS利用規約 ウェブアクセシビリティ方針 ソーシャルメディアポリシー 個人情報保護方針 Area/Country パナソニック ホールディングス株式会社Copyright © Panasonic Holdings Corporation

アレクサスタン k8day.io ~仮想通貨オンラインカジノ,ラッキールーレット,1BTC ... ブラックジャックカジノ 株式会社エースプロセカンド
Copyright ©ライブカジノゲーム | ベラジョン The Paper All rights reserved.